読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レズビアンを殴る男の存在

趣味・雑記

 先日、レズビアンを攻撃する男性の存在がTwitterで話題になっていた。

 LGBTsへの暴力行為のニュースは後を絶たないが、この話題をTwitterで追うと「男からしてみたらレズビアンの存在は、お前は男として要らないと言われているのと同じだから、男から殴られるのは当たり前だ。」という意見を多数発見し、加害者の行動だけでなく、加害者を擁護する人の多さに戦慄した。

 「自分がその人の恋愛対象ではない→その人に危害を加える」という行動の異常性が分からないばかりか、当然視するような人がいるなんて本当にぞっとする。ナチュラルな差別と偏見ほど怖いものはない、と思わされた。

 好きになる相手(好みのタイプ)というのは、時として初対面の人同士でさえ会話のタネにする定番のトピックである。「自分より背の高い(or背の低い)人がいいな」なんていう会話もよく耳にする。

 では、こういった会話をしている場で「自分より背の高い人がいいと言う奴が、背の低い人から殴られるのは当然だ。」と言いだす人、ましてやそれを実行する人はいるだろうか。

 

 なぜこの加害者や擁護派は、この異常な思考回路に疑問を抱かないのだろうか。彼らの『当たり前』とは、いったい何なのだろうか。どんな思想の上に成り立っている『当たり前』なのだろうか。

 私は、「ゲイorレズビアンなんてもったいない」と平気で言える人と同じ考えが根底にあるのだと思う。「異性を選ばないなんて損している」という考えだ。

 そのため「異性(自分)を知りもしないで選ばないなんていうお前は、俺(または私)をバカにしている」と思い、彼らは勝手に怒っているのだ。

 考えれば分かることだが、その人を恋愛対象として見ていない人は山ほどいる。しかし、彼らの言う「恋愛対象ではない=拒絶された」が成り立つのは女性全般ではなく、レズビアンに対してだけである。

 私は、この問題を通して彼らの中に「拒絶された→攻撃してやる」という被害妄想を通り越して、女性への支配欲を感じている。「女は男の共有財産」という考えが透けて見えるのだ。

 だからビアンに対して「女は男の庭で生きてるくせに、男と同じもの(女)を取り合う気か、生意気だ!だから殴ってやる!」または「勝手にしたらいいけど、男を拒否した(男の看板に傷を付けた)からには、その報復は覚悟するべきだ。」という思考が生まれるのではないだろうか。

 

 また、こういった思想の男性にはゲイ(男性同性愛者)を嫌悪する人が多いことも特徴的である。彼らは口をそろえて「ゲイの存在は認めないし許さない。」と言う。理由は「そういう目(恋愛対象・性的な目線)で見られたら怖いし気持ち悪い。」からだ。

 しかし、痴漢や悪質ナンパなど、突然意図せず性犯罪の被害者として「多くの女性が男性に性的に搾取されている現状」には無関心である。そもそも、異性愛者の女性の大多数が彼らをそういう目で見ていないのと同じく、同性愛者の男性も彼らをそういう目で見ていない。棘のある言い方かもしれないが、あえて書かせてもらうと誰にでも選ぶ権利はあるからだ。

 彼らがゲイに対してホモファビックなのも、先述した「女は男の共有財産」という考えが大きいと思っている。そこから「男が男の庭にいる。管理される側に男がいるなんて、同じ男として認めない。」「女がいるのに、仲間(男)に性欲を向けるなんて。」となり、ビアンのときと同じく様々な倫理を飛び越えて「攻撃されて当然だ。」に行き着くのだ。

 

 私自身パンセクシャルなので、好きな人や恋人ができた場合、相手が(生物的性別上)女性である可能性は高い。特定の相手と恋愛したら殴られる社会、またそれが当然視されたり加害者が擁護されたりする社会なんて悪夢でしかない。

 セクシャリティによって理不尽に危害を加えられるようなことは許されてはいけない。

 自分の思想を理由にして、自分とは異なる属性を持つ誰かに危害を加えることは「悪」である。これは間違った行為なのだ。さんざん歴史によって証明されてきたこのことを、一人一人が今一度よく心に刻んでこの社会を生きていきたい。